PGN Photo Log

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > SURVIVAL GAME > Crye Precision Combat Shirt and Pant.......のレプリカ(SEMAPO Gear)

スポンサーサイト  --.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crye Precision Combat Shirt and Pant.......のレプリカ(SEMAPO Gear)  2014.06.07(Sat)

Crye Precisionのマルチカムがカッコよく見えて仕方のない今日このごろ、新興のレプリカメーカー、SEMAPOのコンバットシャツ・パンツがリーズナブルな価格かつ出来も良いという記事を見つけたので、AC(Army Cutom)のGen2レプリカ上下を試しに買ってみました。

top.jpg

SEMAPOは韓国のメーカーで、WEBサイトの商標表記を見ると2012となっていることからも新興のメーカーと言えます。
私はレプリカにせよ、実物にせよ、あまり詳しい方でもないのですが、たまたまWEBをブラブラと検索してて見つけるまで、SEMAPOなんて全く聞いたこともありませんでした。
メーカー名で検索するとオフィシャルと思しき直販サイトが見つかります。
どうだろうかなぁ・・・と思いながらサイトを見ると、実物生地を使用しており品質も写真を見る限りは良さそうだったので、丁度マルチカムのコンバットシャツが欲しかったこともあり、ものは試しと買ってみることにしました。

日曜の晩に注文したマルチカムの上下セットは、EMS(国際スピード郵便)で木曜に届きました。
早速開梱してみたところ、全体的に丁寧に作られている印象を受けました。
安いからといって、ミシンのラインがよれていたり、糸の始末がちゃんとされてないとかは、まったくありません。
生地も実物と同じとのことで、しっかりとしています。
実物生地には、よく見るとこのようなマーキングが入っている部分があります。
今回届いたSEMAPOのセットも、シャツの肘部分とパンツのひざ下あたりに見つけられました。
marking_20140607204647895.jpg

※生地は実物と同じということですので、もしこのエントリに掲載している写真を見て色味が違うように見えたとしても、それは写真の写り具合やPCのモニタによる見え具合の差だと思われます。

以下では、着てみた感じと、シャツ・パンツのそれぞれディティールに少し触れてみたいと思います。
少々長くなりましたが、買おうと検討している方の参考になれば幸いです。

参考までに、私の体型は、太っているでもなく痩せているでもなくという体型(最近腹回りが気になる)で、身長178cm、体重は73kg、胸囲95cm、腰回り87cmです。
サイズ表記はメーカーオリジナルだとのことで、一回り大きいサイズを注文するように但し書きがありましたので、米軍払い下げの実物BDUなどはいつもMedium Regularを買うのですが、今回はLサイズを選んで買ってみました。
結果的にはジャストフィットで、Mを買っていたらおそらく着られなかったと思います。

【コンバットシャツ】
着丈が長いのと、胴回りが細いのが特徴です。
屈んだ時に腰からシャツの裾が出ないので、着丈が長いのは良いことだと思います。
本物は手元にありませんが、写真で見る限りは本物よりかなり長そうです。
胸囲や胴回りは私には丁度でしたが、マッチョな体型の人や、太った人は更に上のサイズが必要かもしれません。
胴部の生地は厚め。何オンスとかまでは分かりませんが、厚手のTシャツのような感じ。
shirt.jpg

襟回り。
襟の高さは本物もこんな感じですね。
ジッパーはYKK製。
各社のこの手の製品のウリとして「YKK製ジッパー使用」というのをよく見かけますが、YKKって人気あるんですね。
collor.jpg

ショルダーポケットと、エルボーパッド挿入口。
大きなベルクロとパッド用の穴がGen2の特徴的な部分かと思います。
Gen3はポケットのベルクロが四角ではなく、二本の帯状の物に変わっていて、エルボーパッドは外から見えないようになっています。
elbow.jpg

ポケットを開いたところ。
shoulder_pocket.jpg

脇部分の生地の切り替え。
armpit.jpg

袖ぐりにステッチはありません。
折り返しているだけです。
cuff.jpg

ラベル。
Crye Precisionのタグに似せて作ったような感じです。
着て裾をパンツに入れると見えない部分だけど、まあまあカッコいい。
label.jpg

【コンバットパンツ】
本物パンツは立体になるように縫製されていますが、SEMAPOのレプリカは残念ながら普通の平面縫製。
そのためか、履いてみた感じはタイトです。
着用イメージはスラっと見えてカッコイイですが、大腿部が太い人はXLを選ぶ必要があるかもしれません。
※立体縫製になっているのはCryeの本物と、高いレプリカのToy Soldierくらいです。
※SEMAPOもAOR-1とAOR-2モデルはデラックスモデルとして、立体縫製を取り入れています。値段はマルチカムに比べてちょっと高い。

pants_front.jpg

お尻側。
Cryeの本物の腰の部分には、芯が縫い込まれていて一際分厚くなっていますが、SEMAPO製には芯は入ってない感じです。
腰の伸縮素材部分はけっこう厚みのある生地でありながら、良い感じによく伸びてくれます。
pants_back.jpg

腰回りは、私のウエストサイズが87cmで、普段履いているLevisのジーパンは32インチでちょいタイト、34インチでゆったりめですが、このコンバットパンツを履いてお腹のベルクロをきちんと留めた状態で34インチのLevisを履いた時と同じくらいの感じです。
waist.jpg

ジッパーはYKK製。YKKの人気は止まるところを知らないようです。
パンツのラベルはここについています。
fly zipper

ニーパッド挿入用の穴。
手元にはGen2用のパッドがなく、Gen3用しかありませんが、Gen3パッド(これだけ本物)は問題なく装着出来ました。
knee.jpg

knee pad

膝裏のベルト。
knee back

パンツの内部には膝上からベルトが出ていて、これが腰のポケット内部につながっており、ニーパッドの高さを調整できるようになっています。
knee pad belt

knee pad belt 2

パンツの裾部分。
こちらは袖ぐりと違って補強ステッチがあります。
trouser bottom

長々とインプレッションを書きましたが、実物の半分程度の値段で買えるレプリカとしては、良い物だと思います。
前述のとおり全体的にタイトなシルエットであるところは好みの問題もあると思いますが、サイズ選びさえ誤らなければ実用上動きにくいということはないでしょう。

私の知る限り、レプリカメーカーとしては、Toy-Soldier、ALL WIN、A-Two、Emersonあたりが有名どころですが、トイソルは実物買えるくらい高いし、かといって他のレプの質感や色は気に入らないし・・・という方にはSEMAPOは実物生地で質感や色味で悩むことはないので手頃だと思います。

取り扱い店はまだ少ないようですが、メーカーから直販で買えますので、これから夏に向けて、BDUを脱いでコンバットシャツを買おうと思っている方は候補の一つにしてみてはいかがでしょうか。
※2014年6月7日時点では直販で買うほうが送料込みでも安いです。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
N.A. : URL はじめまして

#N1aTFCKA Edit  2015.01.09 Fri 15:25

自分も、SEMAPO製品を購入しようと思っているので、このブログを参考にさせていただいています。
そこで質問なのですが、送料は何ドルぐらいかかるのか教えていだだけると幸いです。

PGN : URL Re: はじめまして

#- 2015.01.09 Fri 15:54

初めまして。
コンバットセットのレプリカだと、やはりTOYSOLDIERかSEMAPOの出来がその他のメーカーに比べて段違いに良いですね。
お尋ねの件ですが、コンバット上下1セットだと、EMS(日本郵便)で17ドルです。

こちらのブログではミリタリー関連は更新してませんので、よろしければ、
http://pgnmilitary.militaryblog.jp/
のほうもご覧ください。


> 自分も、SEMAPO製品を購入しようと思っているので、このブログを参考にさせていただいています。
> そこで質問なのですが、送料は何ドルぐらいかかるのか教えていだだけると幸いです。

N.A. : URL 返信ありがとうございます。

#N1aTFCKA Edit  2015.01.09 Fri 22:44

ありがとうございます!
ミリブロの方も拝見します!

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。