FC2ブログ

PGN Photo Log

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > AIRSOFTGUN > SOPMOD その後

スポンサーサイト  --.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOPMOD その後  2014.03.08(Sat)

MK18MOD1_3.jpg


東京マルイ次世代電動ガン、M4 SOPMODのその後…

頭が完全に特殊部隊シブいわ~状態に陥っています。
そんでミリフォトなんかを検索しているうちに、マルイが売り出しているのはSOPMOD Block1というもので、今はBlock2に置き換わりつつあるようだということを知るにつけ、悪い虫が騒ぎ始めました。

これは、うちのSOPMODもブロック2にせなあかん。
それやったらDaniel DeffenceのRISⅡにしたらんかい。

ということでやってみました。
買おうと思った時に限って、マッドブル製RIS2の在庫がなかったのですが、ある日フォースターに立ち寄ったらUFCのパッケージで売っているのがあったのでそれを買いました。
マッドブルに比べてかなり安かったんですが、とても良く出来ているように見えます。
アルミ削り出しで各部エッジはシャープで、各種マーキングもしっかりと入っています。
組み上げてしまったら内部のマーキングは見えないんですけどね。
mk18_ris2.jpg

バッテリーはセパレートタイプのリポをRIS内の左右に振り分けて入れます。
うちのSOPMODは前方配線に加工しています。
バレルを削らずともなんとかバッテリーを入れることは出来ますが、蓋が閉められないと思います。多分。
多分、というのは、RIS2を組む前に既にバレルを削りこんであったから、無加工状態でどうなるかが厳密にはわからないからです。
mk18バッテリー収納状態

フラッシュハイダーは元々つけていたKACタイプのを使います。
アウターバレルはマルイ純正のを切断して、ギリギリ径が合う細さに削りこんでハイダーをねじ込みました。
インナーバレルが収まる長さに切ったので11.5インチくらいの感じになりました。
ほんとうなら10.5インチにするべきでしたが…
インナーも買い換えればいいじゃん、と言われるとそうですが、ま、これはこれで個性ということにしときます。
…はいはい、そうです。ケチりましたよ。あと切り直すのも面倒でした。
ガスブロックとガスチューブも、もちろん組んでやります。苦労した割に、組み上がってみるとあんまり見えないのが残念ですが。
mk18マズル・ガスブロック

今回組んだのは9.5インチのハンドガードですが、12.5インチの写真をみると丁度これくらいハンドガードから先端が出ているのですね。
12_5inch

ものはついでということで、上下レシーバーのパーティングラインや鋳造のシワを削りました。
マルイは内部メカはピカイチだそうですが、ガワに関してはお世辞にも良い出来とはいえません。
寸法違いはメカボックスやモーターを組み込む為等の事情もあるだろうから仕方ないにしても、パーティングラインを残したまま塗装してあったり、鋳造のデキが悪いのか表面にしわ状の凹凸があったりします。
400→1000とサンドペーパーで研磨して均して、インディのブラックパーカーで塗り直しました。
mk18パーティングライン消し

光学サイト選び。
うちには、パチホロEXPS-3とダットサイトCOMPM4と4倍スコープACOGが転がっています。
パチホロはゼロ・ダーク・サーティごっこでHK416に付けてるので、残り2つの中からACOGを選びました。
集光管がライブのやつです。グリーンです。赤の方が一般的なのでしょうか。でも緑のレティクルも案外見やすいです。
レティクル形状は実物で言うとTA-11Jというモデルに似ています。微妙に異なる氣もしますが、まあ雰囲気は十分感じられるのでよしとします。
mk18_acog.jpg

で、一応出来上がりです。
あとから気づいたのですが、ゴーグルとフェイスガードをつけるとスコープを覗くことが出来ませんでした。
フェイスマスクを外せば辛うじて覗くことは出来ますが、どうも低くてしんどいので、マウントライザーを噛ましたらうまくいきました。
MK18MOD1_4.jpg



追記
※ネットで検索したらマッドブルの製品でバレル切削なしに挿入している例がありました。

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。