FC2ブログ

PGN Photo Log

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > AIRSOFTGUN > MINIMI似大作戦 Ⅱ

スポンサーサイト  --.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MINIMI似大作戦 Ⅱ  2013.09.08(Sun)

MINIMIの新型ガスブロックを作ってみました。

ガスブロック⑥
さて、前回のMINIMI似大作戦では適当な材料がないという理由で保留としていたガスブロックですが、やっぱり作ってみることにしました。

ちょっとした買い物でホームセンターをうろついていると、ステンレスパイプや塩ビパイプがあることに気づきました。
これは使えるかも?ということで、加工の容易な塩ビパイプを選定。
あんまり長いのは要らないので、短いのを探して買って帰りました。
TS継手ユニオンソケット「TS-US16」、42円でした。
これが図らずも調度良い外径で、ほぼ加工調整なしで使えました。
ガスブロック①

さて、前回丸く削ったガスブロック基部ですが、きれいな円筒形をしている塩ビパイプと見比べると、手作業で作ったゆえの凸凹が目立ったので、削り直します。
今度はわりと慎重に、定規を当てたりしながら真っ直ぐ度を気にしながら整形しました。
ガスブロック②

そんで、ペーパーで削りムラを均してから塗装。
塗装色は、シルバーにしようか、つや消しブラックにしようか、とあれこれ迷ったんですが、パーカー調に仕上げることにしました。
模型屋でいろんなスプレー缶を見比べるのですが、今回はインディの「パーカーシール」を選んでみました。
これはちょっと高かった…2,520円です。
でも、まぁまぁいい感じではないでしょうか?値段なりの仕上がりは得られたと思いたいです。
あと、乾くのが速くて扱いやすかったです。
ガスブロック③

塩ビパイプで作ったパーツです。
ノコで切ってヤスリで削っただけですので、切った削ったの写真は割愛します。
30分ほどで出来上がりました。
ステンではなく塩ビにしといてよかったです。
基部と合わせてみます。
ガスブロック④

さて、塗装して組み付けてみました。
継ぎ目をパテで埋めて磨き、一体感を出すことも考えましたが、間違いなく振動やら曲げやらで亀裂が入ることが予想できるので、そのままにしておきます。
ゲームで使う銃ですからね。
塩ビパイプの内径に対して芯になる部品の径が少し細かったので、細いビニールホースを芯に被せた上で、ビニールホースの表面に少し瞬間接着剤を塗って組み付けることで簡単には抜けないようにしました。
ガスブロック⑤

さて、完成です。
どうでしょうか?
まさか42円の塩ビパイプで作ったとは思えない程度には、それなりに仕上がったかと思います。
ガスブロック⑥

飽きてきたらまた元のガスブロックにはいつでも戻せます。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。