FC2ブログ

PGN Photo Log

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > AIRSOFTGUN > MINIMI似大作戦

スポンサーサイト  --.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MINIMI似大作戦  2013.09.06(Fri)

MINIMIの改修をしてみました。
集弾性とか飛距離とか、モーターだのギヤだのということではなく、外観の改修です。

MINIMIといっても、エアガンにしろ実銃にしろ、そうそう見かけるものではないので、気にしなければ外観の作りの甘さなんてどうでも良いようなものですが、気になると夜も眠れません。

left-sideRRs_20130906140251414.jpg

right-sideRRs_20130906140249a7b.jpg
ミリフォトでよく見かけるMINIMIと手元にあるA&K製のMINIMIを比べてみて、大きく異なるのは主に以下の点です。

miliphoto-M249-01_20130906151647096.jpg

miliphoto-M249-05.jpg

miliphoto-M249-06.jpg

miliphoto-M249-04.jpg

miliphoto-M249-03_20130906134921a96.jpg

miliphoto-M249-02_20130906134920d57.jpg


以下はA&Kの純正状態の説明です。

ガスブロックの形状が異なる。
但し、一部のモデルではA&Kのものと同じように角ばった形をしている物が稀に見られます。
かなり初期の型のようです。

どうしようか迷いましたが、どちらかというと角のない丸い形のほうが多く見られるので、作り直すことに決めました。
あと、ヒートカバーが樹脂製。
鉄板プレスで作るか・・・
純正状態②

フィードカバー上部の部品が別パーツであるべきところ、モールド成型で誤魔化してある。
カートリッジを送り込む際に、ミシンのように動く部品なのですが、機構は再現できないまでも見た目だけでも作りまおします。
純正状態①

フィードカバー固定ピンにかかっているフックピンがない。
なければ作って取り付けましょう。
キャリーハンドルの曲げ角が異なる。
曲げ直してあげましょう。
純正状態③


だいたい目立つところはこんなものです。
他にも本体側面の刻印がないのも残念なところですが、そこはどうしようもありません。
鈴友に出して刻印入れてもらうとか、そういう方法しかありませんがそこまでお金はかけられません。
根性で安く仕上げることをモットーに、改修に臨みます。

 ↓↓↓↓↓

ガスブロックは削る、ひたすら金属用ヤスリで削る。アルミなので意外に切削は捗ります。
仕上げは800番のサンドペーパーで磨いてから塗装し直しました。
最新のM249では、ノブが廃止されて円筒形の一体成型になっていますが、適当な円柱の材料を調達できなかったので今回はパスしました。
ヒートカバーはTOPのM249用のヒートカバーを買ってきて交換しました。
いや、さすがに自分で作るのは無理でしょう。
gasblockRRs.jpg

フィードカバー上部のモールドになっているところにドリルで穴を開け、ヤスリで整形しました。
そこに3mmアルミ板を加工して作ったパーツを組み込むことで雰囲気を再現します。
feedtrayRRs.jpg

フィードカバーに穴を開け、そこに3mmの針金を伸ばして曲げて作ったピンを通しました。
ピンを保持するパーツのようなものはさっきの3mmアルミ板で作りました。
fookpinRRs.jpg

キャリーハンドルは分解して、曲げ角を拡げる感じでひたすら力技で曲げ直します。
かなり硬い材質ですが、両側に鉄パイプに通して持ち手を長くしてやると人力でも曲げられます。
carry-handleRRs.jpg


一週間くらいかけて、ちまちまと仕上げました。
地味に全体的にウェザリングかけて完成。
これで安心して眠れます。
left-sideRRs_20130906140251414.jpg

right-sideRRs_20130906140249a7b.jpg
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。