PGN Photo Log

Home > 2013年07月

スポンサーサイト  --.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTS MASADA SV ~ホップ調整~  2013.07.23(Tue)

ホップが弱いと評判のPTS謹製のMASADA SV
SVだけじゃなくって、スタンダードもそうらしいです。

私が手にした個体も例に漏れず、弾道は20~25m手前でお辞儀。
しかしホップだけなら簡単に改善できます。

ホップパッキンをPDI製のWホールドチャンバーパッキンに交換してやるだけでOK
300_4151.jpg

MASADAはレバーを回すだけでバレルが外れるので、簡単にホップパッキン部にアクセスできます。
写真の下部に写っているのが今回使用したWホールドチャンバーパッキンです。
300_4152.jpg

イモネジ外したらパッキンがむき出しになります。
300_4157.jpg

分かりにくいかもしれませんが、純正パッキンより僅かに長いので、長さがおなじになるようにハサミで切断してやる必要はあります。
300_4158.jpg

ハサミで…
ちょうど末端の凸っとなっている部分くらいの幅を切る感じです。
300_4159.jpg

他には何もなし。
機構部分や押さえゴムの厚みを弄る必要はありません。
交換後は元通り組戻して、調整ダイヤルで適正位置を探りながら合わせてやると、しっかりとホップがかかって真っ直ぐ飛んでいくようになりました。

[More...]

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。