PGN Photo Log

Home > 2009年04月

スポンサーサイト  --.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu  2009.04.30(Thu)


ss.jpg


前回の記事を受けて、というわけでもないのですが・・・
ThinkpadにインストールしているWindowsXPがこのところものすごく重たいのですが、原因を調べる気にもならないのでHDDを引き抜いて別のHDDを差し込み、Ubuntuをインストールしました。
このThinkpadX31には、FedraやUbuntu、ときにはMacOSXを放り込んだりと実験的な使い方もしていたのですが、WinXP SP3を試してみようとインストールして以来そのまま使ってました。

で、久しぶりのLinuxです。
今月中頃に、Ubuntuの新しいバージョン9.04(開発コード名: Jaunty Jackalope)がリリースされたのをDeathwitchさんが教えてくれたので早速インストールしてみました。

インストール作業は至って簡単。
日本語のウィザードに従って、質問に答えていくだけ。
Unix系OS特有のファイルシステムやパーティションの設定も全自動。
約30分かかるかどうかで終わります。

インストール後は、無線LANのWEPパスワードを入力してやるだけでネットにも簡単につながります。

ただ、デフォルトのままではThinkpadのトラックポイントのセンターボタンを利用したスクロール機能とグラフィック機能の一部が有効になっていなかったのでそこだけ手を入れました。
これをしないとスクロールは使えないわ、Firefoxは激重だわで、WEBブラウズが大変です。

■Thinkpadのセンターボタンのスクロール機能を有効にする。
/etc/hal/fdi/policy/mouse-wheel.fdi
を以下の内容で新たに作成。

<match key="info.product" string="TPPS/2 IBM TrackPoint">
<merge key="input.x11_options.EmulateWheel" type="string">true</merge>
<merge key="input.x11_options.EmulateWheelButton" type="string">2</merge>
<merge key="input.x11_options.XAxisMapping" type="string">6 7</merge>
<merge key="input.x11_options.YAxisMapping" type="string">4 5</merge>
<merge key="input.x11_options.ZAxsisMapping" type="string">4 5</merge>
<merge key="input.x11_options.Emulate3Buttons" type="string">true</merge>
</match>


保存したら再起動する。

■MobilityRadeonのアクセラレーションを有効にする
/etc/X11/xorg.conf に以下の内容を加える。または上書きする。
Section "Files"
EndSection

Section "ServerFlags"
Option "DontZap" "off"
EndSection

Section "Device"
Identifier "ATI Technologies Inc Radeon Mobility M6 LY"
# Driver "ati"
Driver "radeon"
BusID "PCI:1:0:0"
Option "BusType" "PCI"
Option "AGPMode" "4"
Option "AGPSize" "32" # default:
Option "AGPFastWrite" "false" # More stable this way.
Option "SWcursor" "true" # More stable this way.
Option "EnablePageFlip" "true" # Faster.
Option "EnableDepthMoves" "false" # More stable this way.
Option "RenderAccel" "false" # More stable this way
Option "AccelMethod" "XAA" # or XAA, EXA, XAA more stable
Option "DDCMode"
Option "SubPixelOrder" "NONE"
Option "ColorTiling" "false" # More stable this way.
Option "DynamicClocks" "true"
Option "bioshotkeys" "True"
Option "XAANoOffscreenPixmaps" "true" # More stable this way.
VideoRam 16384

EndSection

Section "Monitor"
Identifier "Generic Monitor"
EndSection

Section "Screen"
Identifier "Default Screen"
Device "ATI Technologies Inc Radeon Mobility M6 LY"
Monitor "Generic Monitor"
DefaultDepth 16
SubSection "Display"
Depth 16
Modes "1024x768"
EndSubSection
EndSection

Section "ServerLayout"
Identifier "Default Layout"
Screen "Default Screen"
EndSection

Section "DRI"
Mode 0666
EndSection

再起動を忘れずに。

これでグリグリと軽快に動いてます。
あとはジジくさい茶色ベースのOSテーマを好みに合わせて渋くカスタマイズすればオシマイ。

うーん、なんとも備忘録的な記事でした^^;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。